アルコール依存症克服ガイド

飲酒と自殺の関係

アルコールを飲むと、気持ちが高揚してハイになったり、
妙にフレンドリーになって人との距離感が縮んだりするものですよね。

 

筆者も、見ず知らずの人と飲み屋で仲良くなって、
ちょくちょく一緒に飲みに行くようになったり…ということがよくあります(笑)。

 

しかし、その一方で、
アルコールは絶望感や孤独感を強めるものでもあります。落ち込んだ時、一人で飲んでいたらどんどん気持ちが沈んでいって、
もうなにもかもどうなってもいいやと思ってしまったりすることも。

 

実は、飲酒と自殺の間には無視できない関係性があります。
自殺例全体(日本国内に限る)のアルコール検出率は32.8%。
自殺未遂で救急病院に搬送された人からは
平均で40%の人からアルコールが検出されているのだといいます。
つまり、自殺の直前に飲酒をする割合が高い<
/span>
ということですよね。

 

自殺を考えざるを得ないほど精神的に追い詰められている人が
飲酒をするわけですから、そのお酒は“楽しいお酒”にはなりにくいでしょう。
逆に、絶望感や憂鬱気分を強め、
さらには自己嫌悪や自分自身に対する攻撃性を強めることになります。

 

飲めば飲むほど、「自分なんて死んでしまえば良いんだ」という思いが強くなり、
次第に、「もう自殺以外に解決手段はないんじゃないだろうか」と、
考え方の視野が非常に狭くなります。

 

その結果、衝動的に自分を傷つける行動に出てしまう…というケースが多いようですね。

習慣的な飲酒と自殺の関係

すでにご紹介した通り、飲酒と自殺には非常に密接な関係があります。

 

では、習慣的に大量のアルコールを摂取する人や
アルコール依存症の患者さんはどうでしょうか?

 

大酒飲みは飲むたびに自殺未遂を図るのか?
…と言われると、少なくとも筆者は一度も死のうと思ったことはありませんが。

 

調査によると、習慣的な大量飲酒も自殺のリスクを高めるのだとか。
具体的には、月に1〜3回程度飲酒をする人が自殺で死亡する危険度を1とした場合、
週に414gの大量飲酒者の自殺による志望危険度は2.3(相対値)になる
という結果が得られたのだといいます。
(※ただし、全く飲酒をしない人の自殺危険度も、
月1〜3回飲酒群よりも高いという結果でした。
つまり、適度な量の飲酒は自殺による死亡危険度を低減させるということになります)

 

また、別の調査では、
飲酒量に比例して自殺による死亡率も高くなる
という結果も得られているようです。

 

いずれにしても、習慣的に大量の飲酒を続けていると
自殺の危険性が高まることは間違いなさそうですね。
“楽しいお酒”で終わっているうちは良いのですが、
アルコールに依存するようになってきたら
精神的なバランスが崩れてきている証拠と言えるでしょう。

アルコール依存症と自殺の関係

これは一般的にも広く知られているデータなのですが、
アルコール依存症の人は依存症ではない人に比べて
自殺の危険性が約6倍高いと言われています。

 

また、自殺者全体の15〜56%に
アルコール乱用やアルコール依存が見られるというデータもあります。

 

では、アルコールを飲んだから自殺したくなったのか、
逆に自殺願望のある人がアルコールを飲むのか?

 

…その議論は「鶏が先か?卵が先か?」になってしまいますので割愛しますが、
いずれにしてもアルコールが、
「人が自ら命を絶つ」プロセスを後押ししてしまう物質であることは間違いありません。
純粋にアルコールが好きで、お酒を趣味としている人たちからみれば、
それは非常に残念で切ない事実でしょう。

 

しかし、アルコールを趣味として楽しんでいる人と、
アルコールを自殺するための起爆剤として使う人との間には、
実際は大きな違いなどないのかもしれません。

 

同じお酒でも、それを飲む人の精神状態によって
アルコールの作用は大きく異なるからです。

 

今日はただただ幸福感を味わわせてくれるありがた〜い物質であっても、
明日は絶望感や孤独感、憂鬱気分を強める物質に変わっているかもしれませんし…。

 

昨日飲んだお酒と今日飲むお酒は、同じ酒であって同じ酒ではないのです。
気軽に手に入れることができ、誰もが親しむことのできる物質だからこそ、
「お酒に対して何を求めているのか」自分自身の気持ちに真摯に向き合いましょう。

アルコール依存症は自殺を招く? 関連エントリー