アルコール依存症克服ガイド

アルコールは内臓に負担をかける

アルコール依存症は、飲み始めると
自分の意思では飲酒を止めることがままならなくなってしまう病気です。
手の震えや幻覚、幻聴といった神経系の症状に加えて、
肝臓をはじめとする各臓器に多大な負担をかけることも深刻な問題。

 

特にアルコールを分解する働きを担う肝臓は、
飲酒量が増えることによって酷使され、
必然的に肝臓疾患が起こりやすい身体になってしまうのです。

 

みなさんも、「酒の飲み過ぎで肝臓を悪くした」
「アルコールで肝硬変になった」
という話を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

アルコール依存症の合併症として
八割近くの方に臓器障害がみられるようですが、
特にアルコールの影響を受けやすい肝臓障害は多数あります。

 

例えば、肝脂肪やアルコール肝炎、肝硬変、肝臓がん…。
この他、消化の段階でアルコールが通過していく消化器系の内臓も
影響を受けやすいと言われています。

アルコール依存症と肝臓疾患

アルコール依存症になると、
肝臓疾患を始めとした内臓疾患にかかりやすくなってしまいます。

 

代表的な例といえば、アルコール性肝硬変
これは、広範囲に渡って肝細胞の破壊が起こり、
細胞が繊維化されてしまう病気です。

 

日本では、アルコール性肝硬変の患者さんが5万人近くもいるのだとか!

 

この病気は完治が難しいため、1度発症すると
長い間苦しめられることになってしまうという厄介な病気です。

 

アルコール性肝硬変の前段階として、
アルコール性肝繊維症という症状があります。
これは、肝臓の繊維が増加していく病気。
この段階で酒を断つことができれば、
肝硬変発症のリスクを格段に低下させることができるのだとか。

 

逆に、アルコール性肝繊維症を発症しているにも関わらず
飲酒を続けているようだと、
遅かれ早かれアルコール性肝硬変を引き起こしてしまうことになります。

肝硬変を未然に予防するためには?

肝硬変になりやすいとされているのは、
1日5合以上(約900ml以上)のアルコールを10年以上飲み続けた場合。

 

ただし、これは男性の場合の基準で、女性の場合はその約半分ほど
でアルコール性肝硬変に陥ってしまうだろうと言われています。

 

すでにご紹介した通り、アルコール性肝繊維症の段階で
断酒して治療を開始すれば肝硬変の発症を防ぐことが可能ですが、
問題はアルコール性肝繊維症の自覚症状が出にくいこと。

 

ハッキリ言えば、定期的に検診を受けて、
血液検査結果の推移を見守ることが最も確実な予防法です。
ALT、AST、γGT、ALP、ChEなど、
肝機能の状態を表す検査項目の数値に注目しましょう★
これらの値が高いか低いかによって
肝臓の状態や肝硬変の可能性の有無をチェックすることができます。
詳しい診断基準はコチラを参考にしましょう。
(健康診断の結果表にも記載されてくるとは思いますが…)

 

「自分は、自分の限界を知っているからアルコール依存症にはならない」
「自分は酒が強いから肝硬変にはならない」
と妙な自信をお持ちの方も多いようですが、
アルコール依存症や肝硬変は誰でも発症し得る病気。
自分を過信せず、お酒との付き合い方には十分に注意することが大切です。

アルコール依存症⇒肝硬変に!? 関連エントリー