アルコール依存症克服ガイド

アルコール依存症は心の病?

アルコール依存症は、本人だけではなく
それを支える周囲の人までを絶望に陥れる恐ろしい病です。
もし、「うちのお父さん、最近、お酒の飲み方がおかしいな」
「うちの旦那さん、最近ちょっと飲み過ぎじゃないかしら」
…と身近な人の異常を感じたら、
なるべく早く専門医を受診することをオススメします。

 

アルコール依存症が進行すると、性格までも変わってしまって
なかなか周囲の助言を聞き入れようとしなくなります。
時には暴力を振るうようになるケースもありますので、
冷静な話ができるうちにやんわりと受診を勧めてみましょう。

 

ところで、イザ病院へ行こうと思ってふと不思議に思うのが、
「アルコール依存症って何科で診てもらえば良いの?」ということ。
何科に行けばよいのか分からないから、という理由で
受診を先延ばしにしてしまう方も多いようです。

 

一般的には、
「酒を飲んで具合が悪くなるわけだから、内科で良いんじゃない?」
と思われがち。
しかし、アルコール依存症を根本から治そうと思うなら、
内科では治療できません。
アルコール依存症の問題、それは、「身体の病気」ではなく
「心の病」だという点にあるんです。

アルコール依存症の治療は何科が専門?

お酒の飲み過ぎで肝機能が低下したから内科に行く。
…これは、自然な発想ですよね。
しかし、内科では、
「アルコールを飲む」という行為そのものを止めさせることはできません。

 

アルコール依存症の治療とは、具合の悪い内臓を治すことではなく
「酒を飲んでしまう」という行為そのもの、
「酒を飲まずにはいられない」という状態そのものを改善することにあるのです。

 

それを引き受けてくれるのは…一体、何科だと思いますか?

 

そう!
「精神科」や「神経科」などの、いわゆる“心の専門家”なのです。

 

アルコール依存症の原因には諸説ありますが、
体質的なことに加えて“心の問題”が大きいことが分かっていますので、
成育歴や過去のライフイベント、現在のストレスなど、
アルコール依存症の原因と考えられるものを洗い出す必要があります。

 

人によっては、過去のいじめ体験が原因になっている場合もあるでしょうし、
配偶者の死やリストラなどが原因となって酒に走っているケースもあります。

アルコール依存症専門のクリニック

「アルコール依存症って何科を受診したら良いんだろう」
という迷いは、この病気が心の問題に根を張る病であることを考えれば
すぐに解決できると思います。

 

総合病院であれば精神科や神経科を受診することになりますが、
最近は、アルコール依存症専門のクリニックなども増えているよう。

 

お近くのアルコール依存症専門の医療機関を探したい場合は、
コチラのサイトが便利です。
各都道府県別に、専門機関の病院名と住所、
電話番号を検索できるようになっています。
家族向けの勉強会や、話し合いの場、
電話相談を受け付けている病院もありますので、
お近くの専門医を探してみてはいかがでしょうか。
あなたが1人で抱え込む必要はないのですから。

 

※HPとリンクされている病院は少ないので、
その病院のことを詳しく知るには自分で検索してみる必要があります。

 

アルコール依存症になったら何科に行く?関連エントリー