アルコール依存症克服ガイド

アルコール依存症の診断基準とは

いわゆる「お酒が強い」と言われて人たちは、
人よりも多くの量のお酒を飲めてしまう分、
自分はアルコールに依存しているのかどうかがわかりにくいと思います。

 

かくいう筆者もお酒が強い血筋なので、
飲み会の席では人の倍以上飲んでしまう迷惑な人間(笑)。
明け方まで飲み続けてもケロっとしているのですが、
一晩に飲んでいる量は相当なものだと思います。
(怖いのでいちいち数えていませんが…)

 

現実から逃避するために酒を飲んでいるわけではないので、
今のところアルコール依存症ではない!と自分では思っていますが(笑)
アルコール依存症には、
「病識がない」「自分はアルコール依存症ではないと否認する」
という特徴がありますので、
ひょっとしたら筆者もアルコール依存症なのかもしれませんよね。

 

では、アルコール依存症の診断基準とはどのようなものなのでしょうか?
次の項目のうち3項目以上が、
「この1年間の間にあった」という方はアルコール依存症と診断されます。

 

【アルコール依存症の診断】(DSMW-TR)

 

□はじめの予定より、多くの量を長い時間にわたって飲んでしまった
□飲酒量を減らしたり、断酒することができない
□体や心に良くないと思っても飲酒を続ける
□量を増やさないと、酔いを感じなくなる
□アルコールを買いに出かけたり、飲んでから醒めるまでに
とても多くの時間を費やす
□仕事や家庭、社会での責任や義務よりも飲酒が優先する
□酒をやめると手や体が震え、不安が高まるので、再び飲み始めてしまう

あなたはどのくらいアルコールに依存しているのか?

さて、自分がアルコール依存症かどうかがわかったところで…。
今度は、自分がどの程度、アルコールに依存しているのか、
「依存度」を調べてみましょう。
直近の6カ月を振り返って、下記の項目に答えてください。

 

【アルコール依存度チェック】
(久里浜式アルコール依存症スクリーニングテスト KAST)

 

□酒が原因で、人間関係にヒビが入った     
 はい 3.7
 いいえ -1.1

 

□今日だけは飲むまいと思っても、飲んでしまう
 はい 3.2
 いいえ -1.1

 

□周囲の人から大酒飲みと非難された
 はい 2.3
 いいえ -0.8

 

□適量でやめようと思っても、つい酔い潰れるまで飲んでしまう
 はい 2.2
 いいえ -0.7

 

□翌朝、ところどころ前夜の記憶がない
 はい 2.1
 いいえ -0.7

 

□休日はほとんど朝から飲む
 はい 1.7
 いいえ -0.4

 

□二日酔いで、欠勤したり、大事な約束を守らない
 はい 1.5
 いいえ -0.5

 

□糖尿病や肝臓病、心臓病と診断された
 はい 1.2
 いいえ -0.2

 

□酒が切れると、発汗や手のふるえ、イライラや不眠などで苦しむ
 はい 0.8
 いいえ -0.2

 

□仕事上の理由で飲む
 よくある 0.7
 ときどき 0
 ない -0.2

 

□酒を飲まないと、寝付けないことが多い
 はい 0.7
 いいえ -0.1

 

□ほとんど毎日清酒3合(ビールなら3本)以上の晩酌をする
 はい 0.6
 いいえ -0.1

 

□酒の上での失敗で警察の世話になった
 はい 0.5
 いいえ 0

 

□酔うと怒りっぽくなる
 はい 0.1
 いいえ 0

 

【採点】
2点以上 :重篤な問題飲酒群
0〜2点 :問題飲酒群
-5〜0点 :問題飲酒予備軍
-5点  :正常飲酒群

 

 

みなさんのアルコール依存度はどのくらいでしたか?
筆者は…残念ながら、重篤な問題飲酒群でした(泣)
それも、かなりの高得点で。

 

自分のアルコール依存度がここまで高かったとは…かなりショックです。
これを機にアルコールとの付き合い方を考えてみようと思います。

 

みなさんも、お酒に依存するのではなく、
“楽しく”飲んではりつめた心身をリラックスさせてあげましょう。

自分のアルコール依存度を知ろう 関連エントリー