アルコール依存症克服ガイド

アルコール依存症を治療するには?

世の中の全ての病気に、“効果的な”治療法があるとは限りません。

 

しかし、幸いなことにアルコール依存症には、
効果があると実証された治療法があります。

 

…とはいえ、
「薬を飲んで、ハイお終い!」というほど簡単にはいきません。

 

アルコール依存症の治療には、周りの温かいサポートと、
なにより本人の強い意思と覚悟が必要になります。

 

ここでは、アルコール依存症の治療法について紹介します。

アルコール依存症を治療するには?エントリー一覧

アルコール依存症の治療法 
「百薬の長」という言葉があるように、お酒は健康増進効果のあるものですし、人間関係をスムーズにする効果があります。しかし、度を越した飲酒は人生を破たんさせる危険性を秘めていることも事実。仕事にプライベートに…と、なにかとストレスの多い現代社会では、成人男性の2%(約50人に1人の割合ですね)がアルコール依存症にかかっていると言われています。アルコール依存症の治療法として最も有効な手段は、断酒。つまり、酒を止めるということですね!一見、「なぁんだ、そんな簡単なことなの」って思われるかもしれませんが、...
入院によるアルコール依存症の治療 
アルコール依存症の症状が進行すると、絶えずアルコールを欲しがるようになり、その欲求を自分でコントロールすることができなくなってきます。そんな状態でも、「自分は自分の限界を知っているから大丈夫」「会社には出社しているから大丈夫」「身体に問題はないから大丈夫」…と、酒量をコントロールできない自分を認めようとはしません。こうなると、家族がそのアルコール量を管理するのも難しくなってくるでしょうし、医師の言いつけを守るハズもありません。この場合、通常の通院治療で治すのは極めて困難。本人の意思には関わらず、...
アルコール依存症の経過は? 
アルコール依存症は、1日、2日で急速に進行する病気ではありません。長い時間をかけて、徐々にあなたの心身を蝕んでいく「サイレント・キラー」なのです。例えば、最初は“つき合い”で仕方なくお酒を飲み始めたものの、「アルコールは人とのつき合いを円滑にしてくれる」「アルコールはストレスを癒してくれる」ということを肌で感じ取るようになってから徐々に酒量が増え、気づけば自分では飲酒量をコントロールできない状態になっていた…なんてケースもあります。アルコール依存症となった経緯や症状が進行していく経過は人それぞれ...
アルコール依存症は再発する? 
アルコール依存症は、1カ月や2ヵ月で完治するほど単純な病気ではありません。長い間かけて身に着いた飲酒習慣は、そう簡単には抜けないものです。しかし、1週間も断酒すれば、身体の調子はだいぶ違ってくるハズ。いままで常に感じていたであろう倦怠感も取れてきますし、食事もしっかり摂れるようになります。不眠症状に悩まされていた人は、睡眠もとりやすくなるでしょう。さらに、身体的な変化よりも顕著なのが、精神的な変化です。身体の調子が良くなると、自ずと精神的にも安定してきますので、表情が変わってきます。今までは頑な...
皮膚科学から診るアルコール依存症
「アルコール依存症の症状」というと、真っ先に思い浮かぶのは肝臓機能の障害でしょう。肝臓がアルコール分解において重要な役割を担っていることはみなさんもよくご存知でしょうから、「アルコール=肝臓」と連想するのは当然です。また、精神的に不安定になったり、普段の行動に異常が見られるようになったり…といった症状も一般的だと思います。これらの症状に加えて、最もわかりやすい症状が、「皮膚の異常」。お酒を飲み過ぎて酒焼けした…なんて表現、よく耳にしませんか?実際、アルコール依存症患者には、まるで“日焼け”でもし...
アルコール依存症は保険が効くの?
どんな病気でも、「早く治療して欲しい!」と“逸る気持ち”と「治療は受けたいけど、お財布が心配」という“不安”の両方が心の中でせめぎ合うものです。特に、保険が使えるのかどうかという点は、重要な問題!アルコール依存症のように、心の病がからんでいる病気はなおさら不安になることでしょう。保険について考える上で知っておくべき言葉として「保険点数」があります。言い換えれば、「診療報酬点数」のことですね。要するに、「医療行為の値段」です。これは、健康保険法で定められた診療報酬点数表により、全国一律に決まってい...
アルコール依存症の薬物治療
みなさんは、風邪を引いたときどんな方法で治療しますか?「自宅で市販薬を飲んで温かくして寝る」という人もいれば、「病院で薬をもらう」という人もいるでしょう。全ての病気に当てはまるとは言えないものの、ほとんどの病気の治療を“薬”の力に頼っているのが現状のようです。もちろん、アルコール依存症にも薬物治療があります。しかし、アルコール依存症は風邪とは違います。アルコール依存症は、あくまでも“心の病”。薬物治療で薬を飲んだからといって、数日で簡単に治ってしまうほど単純なものでないことはみなさんもご存知でし...
アルコール依存症のリハビリ 
子供でも大人でも、何かを強く欲する気持ちをどうしても押さえられないことってありますよね。アルコール依存症は、お酒を求める自分をどうにもコントロールできなくなってしまう病気。アルコールを断つことが最善の治療法ですが、患者本人の努力だけではそれができないこと自体が“病気”の証拠なのです。そこで、アルコール依存症の治療は@介入⇒A解毒⇒Bリハビリの3段階で進められます。●介入とは?本人をアルコールの害と直面させ、このまま治療を受けなければ心身に様々な障害をきたすことを認識してもらいます。アルコール依存...
連続飲酒発作とは
アルコール依存症の症状を一言で説明すると、「お酒を適量で止めることができない状態」ということになるでしょう。とにかく、自分の意思では「このくらいにしておこう」とコントロールすることできないわけです。そうして大量のアルコールを飲み続けていると、飲んで酔い潰れて→寝て→起きてまた飲み→酔い潰れて寝て…という状態が数日間続くようになってきます。これは、「連続飲酒発作」と呼ばれる症状。この症状が出ているようだと、すぐに「アルコール依存症です」と診断されてしまいます。でも、一体なぜ、お酒を切らすことなく飲...
アルコール依存症研究の現在
アルコール依存症の発症リスクの50%は遺伝的要因である…という研究結果があるのをご存知でしょうか?つまり、親がアルコール依存症だと子供もアルコール依存症になる可能性があるということ…。確かに、お酒の強い・弱いは遺伝的なものがありますし、生まれつき脳内の神経伝達物質の量が少ないという人もいますので、言われてみれば納得できる研究結果ではありますよね。遺伝的な研究では、かねてから、非活性型ALDH2および高活性型ADH(アルコール脱水素酵素)は、アルコール依存症の発症を抑制する作用のある遺伝要素である...