アルコール依存症克服ガイド

アルコール依存症とは?

厚生労働省によると、アルコール依存症とは
「大切にしていた家族、仕事、趣味などよりも飲酒をはるかに優先させる状態」
つまり、家族との約束がありながらも、泥酔してしまう。
仕事で大切な会議があると分かっているのに、酒を止められない。
趣味のゴルフやテニスに出かけるよりも、家で酒を飲んでいたい…。
とにかく、自分では飲酒のコントロールができない状態に陥っているわけです。

 

「俺はそこまで酒に依存していないから大丈夫」と安心しているあなた。
厚生労働省によれば、アルコール依存症までには至らないものの、
何らかのアルコール関連問題を有する場合は
「アルコール乱用」とか「プレアルコホリズム」という分類が適用されるのだとか。

 

プレアルコホリズムとは、何らかのアルコール関連問題を有するが、
離脱症状や連続飲酒を経験したことがない場合を指して使われるワードです。
多量飲酒の機会が多い方は、
お酒との付き合い方を考え直してみたほうが良さそうですね。

 

 

※多量飲酒とは?
1日平均60g(純アルコールに換算)を超える飲酒。
ビール中瓶3本、日本酒3合弱、25度焼酎300mlに相当。

患者数はどのくらい?

ところで、アルコール依存症の患者は日本国内にどのくらいいるのでしょうか?
厚生労働省が行った2003年の調査によると、
アルコール依存症の疑いのある人は440万人、
治療が必要なアルコール依存症の患者は80万人いる
…と推計されているようです。

 

特徴的なのは、女性や高齢者のアルコール依存症者が増加していること。
女性の社会進出や、団塊世代の方々の定年などで、
社会における飲酒者のバランスが変化してきているという表れなのでしょう。

 

ちなみに、同じく厚生労働省の調査によると、1日に60g(純アルコール換算)以上の
アルコールを摂取する多量飲酒者は860万人もいるのだとか!
かくいう筆者もそのうちの一人だったりするのですが…(苦笑)

 

今は“依存”していない状態だとしても、
周りの環境次第で私たちはいつアルコール依存症になってもおかしくありません。
日頃から酒量が多いという自覚がある方は、
「アルコール依存症は他人事ではない」という認識を持ってお酒とつきあいましょう。

家族へのアドバイス

厚生労働省のHPにも記載されていますが、
アルコール依存症の厄介なところは、
自分が病気であるという病識がないという点です。

 

自覚がないわけですから、
治療を勧めても自分で病院に出かけて行くということはありません。
家族や周りの人が、嫌がる本人をなんとか説得して
病院へ連れていかなければなりません。

 

そのため、病気の治療を始めるまでの道のりが険しいと言わざるを得ないでしょう。

 

しかし、アルコール依存症も他の病気と同様に、早期発見、早期治療が重要です。
家族の様子を見ていて、「最近、おかしいな」と感じたら、
まずは各都道府県や政令指定都市に設置されている精神保健福祉センターや
保健所へ相談しましょう。
本人ではなく家族からの相談でも対応してもらえます。
アルコール依存症の治療を行っている医療機関の紹介なども行っていますので、
気軽に尋ねてみましょう。

 

また、家族のための自助グループや家族会などもあります。
ミーティングに参加することで、
アルコール依存症患者とどう付き合っていけば良いのか、
どう向き合っていけば良いのかが見えてくることもあります。

 

これも、お近くの保健所で尋ねてみると良いでしょう。

厚生労働省のデータ関連エントリー