アルコール依存症克服ガイド

本人に治療の意思がない場合はどうする?

アルコール依存症の主な症状は、明らかに病的な飲酒行動です。
しかし、その始まりは非常にゆるやかで、
周囲の人も気づきにくいという特徴があります。

 

具体的には、日常行動の合間合間に飲酒を繰り返したり、
飲んで寝て⇒覚めては飲むを繰り返したり、
アルコールを探しまわったり…といった飲酒パターン。

 

「単なる飲み過ぎ」レベルから始まり、
「あれ、最近おかしいな」と気付く頃には
かなり進行している場合が多いのだとか。

 

さらに問題なのは、本人に自覚がなく治療の意思がないこと。
アルコールが原因で胃炎、膵炎(すいえん)、膵石、肝炎、
肝硬変(かんこうへん)、心筋症などの内科疾患を患っていても
病院に行こうとしない方も多いのです。

 

これが進行していくと、小脳変性症、ウェルニッケ・コルサコフ症候群、
前頭葉(ぜんとうよう)機能障害、アルコール痴呆(ちほう)などの
神経・精神疾患につながる恐れがあるため、
初期段階で専門医師に相談することが確実な回復の鍵となります。

 

…となると、周囲の人の協力が必要。
本人に通院の意思がなくても、
家族の同意があれば入院させられる制度などもありますので、
家族の様子に異常を感じた段階で専門機関に相談することをオススメします。

アルコール依存症に気づいたら@

「もしかしたらうちの旦那さん、アルコール依存症なんじゃないかな」
と気づいても、一体どこに相談したら良いのか…。

 

相談先が分からずに、
問題を見て見ぬふりをしているご家族も多いのではないでしょうか?

 

アルコール依存症の相談は、次のような機関で受け付けてもらえます。

 

★各県の精神保健福祉センター
どこの精神保健福祉センターにも、必ず相談窓口があります。
ここでは、アルコール依存症治療に関する
情報提供や援助を行っていますので、まずは1度相談してみましょう。

 

患者にどう接するべきか、どこの病院に相談すべきか等、
アドバイス をもらえると思いますよ。(もちろん、相談は無料です)

 

 

★各地の保健所
全ての保健所ではありませんが、
多くの保健所で「酒害相談」を行っています。
こちらも無料相談ですので、まずは1度、
最寄の保健所に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

アルコール依存症に気づいたらA

★AKK(アディクション問題を考える会)
TEL:03-3329-0122 
アルコールや薬物、買い物、ギャンブルなど、
あらゆる依存症に関する相談を受け付けてくれる相談機関です。
依存症の症状そのものだけではなく、
家族の問題についても積極的に相談に乗ってくれるのが特徴。
相談例会も開催されているようです。

 

 

★ASK(アルコール薬物問題全国市民協会) 
TEL:03-3249-2552
こちらも、アルコール依存症をはじめとする
各種依存症に関する相談や情報提供を行っている組織。
全国の専門治療院を紹介してもらえるサービスもありますので、
どこに相談に行ったら良いのか迷ったら電話で相談してみましょう。

アルコール依存症に気づいたらB

★(社)全日本断酒連盟(全断連)事務局
TEL:03-3863-1600
いわゆる「断酒会」と呼ばれる機関ですね。
1963年に始まったアルコール依存症の自助グループで、
全国に約5万人もの会員がいます。
女性依存症者限定のミーティングや、
家族だけの例会も行なわれているようです。

 

どちらかといえば、病院での治療が終わった後に
継続して断酒を続けていくための相談をする機関ですね。
再びアルコール漬けの生活に戻らないためにはどうしたら良いのか
悩んだら、ここに相談しましょう。

 

 

★AA(エイ・エイ=Alcoholics Anonymous)
もともとは、アメリカで1935年に誕生したアルコール依存症者の集まり。
日本では1975年に始まり、現在は全国に約300ものグループがあります。
12ステップを使ったミーティングが特徴で、
1日に約100ヶ所で行なわれているのだとか。
原則として依存症者本人だけの「クローズド・ミーティング」ですが、
家族や関係者なども出席できる「オープン・ミーティング」や
「ステップ・セミナー」、「ラウンドアップ」もあります。
各支部の連絡先はコチラのサイトが分かりやすいと思います。

 

 

★アラノン(Al-Anon)
アメリカで1951年にスタートし、日本では1980年に始まった、
アルコール依存症の家族と友人のミーティングです。
こちらも12ステップを使ったミーティングが全国で行なわれています。
アダルトチルドレン向けの、
「アラノンAC」という集まりもあるようです。
各支部の連絡先はコチラのサイトが分かりやすいと思います。

 

アダルトチルドレンとは?:
子ども時代に親あるいは身近な人からアルコール依存症の影響を受けた、
20歳を過ぎた成人のこと。
幼少期に受けた心の傷から、人間関係などで問題を抱えることが多い。

 

アルコール依存症を相談するには関連エントリー