アルコール依存症克服ガイド

アダルトチルドレン(AC)とは?

最近、各種メディアで耳にすることが多くなった
「アダルトチルドレン」という言葉。
直訳して、
「大人こども?老けた子供ってこと?」
…と首をかしげている方も多いことでしょう。

 

アダルトチルドレンとは、アルコール依存症の親を持つ成人した子供たち
(Adult Children of Alcoholics AC)
のことを意味しています。
元々はアメリカのケースワーカーたちによって生み出された言葉です。

 

アルコール依存症の患者を抱えた家庭は多くの面で破綻しているケースが多く、
それは確実に子供の心に強い影響を与えると言われています。
その心の傷は、たとえ大人になっても、消えることはありません。
心の奥底にいつまでも潜んでいて、
他人(友人や恋人)との関係を築いたり、
自分が家庭を持つ際に多大な影響を与えると言われています。

アルコール依存症の親を持つ子供の悲劇

子供は、親が思う以上に家庭の影響を受けて育っていきます。
そして、大人が思う以上に、敏感に様々な事情を感じ取るものです。
従って、アルコール依存症者がいる家庭では、
家中に張り詰めた緊張感を肌で感じながら育つことになるでしょう。

 

アルコール依存症は、自分で酒量や飲酒行動を制御できなくなる病気。
飲むたびに暴力を振るう人もいれば、
子どもの存在が目ざわりだと虐待に走る人もいます。
子供に酒を買いに行かせる親もいますし、
精神的破たんに追い込まれるまで飲み続けてしまう人もいるでしょう。

 

そういった親を持った子供は、
常に息をひそめるようにして生活することを強いられ、
子供らしい無邪気さを失っていくのです。

 

親の顔を見ただけで、
親が飲んでいるかどうかを判断できる子供も多いのだとか。

 

こういった「機能不全家族」の中で育った子供は、
一見しっかりしているように見えても
必ず心に問題を抱えたまま成長していきます。
そのような家庭に身を置きながらもなんとか成人までたどり着いた子供を
「サバイバー(生存者)」と表現しますが、
成人した後に様々な問題が出てくるケースも少なくありません。

アルコール依存症の呪縛

アルコール依存症の親を持つ子供たちは、
親の代わりに弟や妹の世話をしているケースも多いと聞きます。
子供の頃から過大な責任を背負わされた子供は、
大人になっても“自分だけが頼り”で人を信頼できず、
他人との関係の中でリラックスできなかったり、
協調できなかったりするのだとか。

 

幼い頃から自分のことはそっちのけで「助ける人」を演じてきた結果、
アルコール依存症の親を持つ子供たちは
カウンセラーや看護婦や心理士といった仕事を選択することも多いようです。

 

また、アルコール依存症の親を持つ子供たちの中には、
自らも嗜癖行為に走ったり、
アルコール依存症者と結婚したりする方もいます。

 

…このように、アルコール依存症は、罪のない1人の人間の人生を
大きく左右する可能性を秘めた恐ろしい病気なのです。

 

アルコール依存症の親を持つ環境で育った方に必要なのは、
自分の家庭にあった一種独特の雰囲気と習慣から抜け出すことです。
「自分が耐えれば良い」
「自分は何かを求めてはいけないんだ」
という呪縛から自分自身を解き放ち、
「私だって人生を楽しく過ごす権利はあるんだ」
と自分を許すことが、回復の第一歩。

 

社会との距離感や人との関係の築き方に悩んだら、
1人で悩まず専門のカウンセラーに相談しましょう。

アルコール依存症の親を持つと…関連エントリー