アルコール依存症克服ガイド

素因と環境

アルコールでストレスやさびしさを紛らわすというのは、
決して珍しいことではありませんよね。
筆者も、嫌なことがあった時は必ず飲み行くことにしていますし(笑)。

 

一度飲みに行けば、まあだいたい気分も晴れてすっきりします。

 

しかし、大量のアルコールを習慣的に飲み続けるようになると、
それはもうストレス発散の域を超えています。
それはいわゆる、アルコール依存症と呼ばれる状態なのです。

 

アルコール依存症になりやすい人は、
もともとさびしさや不安を感じやすい素因を持っていると言われています。
(快感や幸福感を生じさせる神経伝達物質の量がもともと少ない)
そのような精神的な脆弱性を持った人がアルコールによる快感を知り、
底知れぬさびしさや不安から逃れようとしてアルコールにのめり込んでいくのです。

 

アルコールを摂取すると、神経伝達物質の分泌量が増えることによって
不安感が低減し、いわゆる「気が大きくなった」という状態になります。
すると、内気だった人が明るくなったり、自信がなかった人が尊大な態度をとったり…。

 

一度くらいならば笑い話で済ませられるでしょうが、
日常的に不安や悩みが多い環境に置かれているとどんどんお酒に頼るようになり、
「時々」ではなく習慣的にお酒を飲み続けるようになってしまいます。

連続飲酒発作とは

大量のアルコールを飲み続けていると、身体に耐性ができてきて、
もっと大量に飲まなければ酔えなくなってきます。

 

酔えないわけですから、さびしさや不安をごまかせませんよね?
当然、酒量は増え、アルコール依存は進行していきます。

 

また、酔いが醒めかけた時の激しい不安感に耐えきれず、
酔いが醒めないうちにアルコールを飲んでしまうという飲み方をするようになってきます。
これは、「連続飲酒発作」と呼ばれる症状で、
昼夜にわたって飲み続けることが数日間にも及ぶのが特徴です。

 

この連続飲酒発作、アルコール依存症の末期症状ですので、
この症状が出るとかなりヤバい状態だと思って良いでしょう。

 

酒を断てば不快な離脱症状が表れますので、
もはやお酒を止めたくても止められない段階に達しています。
こうなると、専門医による治療が不可欠です。

 

女性とアルコール

女性は、そのライフステージに応じて
様々な不安やさびしさを抱えやすいと言われています。
付き合っていた恋人との別れ、
周りが続々と結婚を決めて行く中で自分だけが独身という孤独感や不安感、
結婚後の夫との不和、親の介護や死別、育児、子供の独立、夫との死別…。

 

「そんなの男だって同じじゃないか」と思われるかもしれませんが、
女性は男性以上に「自分と人を比べる」傾向が強いのです。

 

ちょっと嫌な言い方をすると、仕事であれプライベートであれ、
自分よりも幸せな女を妬む性質があるのです。
多かれ少なかれ、そういう一面はどんな女性にもあるのではないでしょうか。

 

人と自分を比較すると、相手にはあるのに自分にはないものが
色々と明らかになってきます。
その現実を受け入れられず、お酒の力に頼ってしまう…。

 

さびしさや不安感から心のバランスを崩し、
アルコール依存症にハマり込んでいくケースも少なくありません。

 

特に、主婦層に多い「キッチンドリンカー」は、社会的に認知されるほど深刻な問題。
最も身近な存在である子供の育成にも悪い影響を及ぼします。

アルコール依存症と“さびしさ”関連エントリー